3本の槍

続けてこんばんは、ちはやです。
全国の竜騎士諸氏必見(?)の両手槍のお話です。

Lv75の竜騎士の武器として一般的使われてきたメザラク、インペリアルネザに最近
サラソクラットという対抗馬が現れました。
この3つの基本性能は

メザラク     D93 隔492 STR+2 VIT+2 追加効果:回避率ダウン

サラソクラット  D94 隔492 HP+10 DEX+2 VIT+2 追加効果:回避率ダウン
レジストウィルス効果アップ
インペリアルネザ D92 隔478 曜日:属性ウェポンスキルのダメージアップ

となっています。
これだけではどれがイイのかよく分からないですよね。
・・・少なくとも私は分かりませn

そこでこの3本の振り速度とTPについて注目してみたのが表1です。
下段の(ソード有)というのはグリップ装備のソードストラップ(攻撃間隔ー3%)を
使った場合の数値です。
ぎゃー表の画像が縮小されて見づらい~;;
今度修正しますんでとりあえず画像を選択して拡大して見てください;
c0021339_18593550.jpg

あ、数字がいっぱい出てきてメンドウそうだからって引かないでえぇぇぇ。
今から内容を順番に説明していきますからぁ;

D値と隔はアイテム欄に書いてある情報ですね。まあ一言で言ってしまえばD値が大きい
ほどダメージがデカイ、隔が小さいほど攻撃スピードが速いって事です。

この2つの値を使って出すのがD/隔という数値です。これは武器の性能を手っ取り早く
知るのに一般的によく使われます。数値が大きいほど単位時間あたりに与えるダメージが
多いという目安になります(あくまでも目安です)この3本の中ではインペリアルネザが
1番大きい数値になっていますね。そしてソード有にいたってはグングニルにかなり
迫る勢いのスゴイ数値になっています。

1振りの得TPというのは、1回攻撃を当てるとどれだけTPが貯まるかという事です。
ノーマルの状態と、私が普段使っているストアTP+装備を使った場合の数値です。
この得TPというのは純粋に間隔から出る数値なのでメザラクとサラソクラットが
同じ数値で、インペリアルネザが少なくなっています。
ストアTP+装備を使うことで1振りでほぼ1多くTPが貯まるようです。
そしてソードストラップを使うことで攻撃スピードは速くなるのですが、代償として
得TPが減少しています。

そして振り(秒)の欄ですが、これはその武器を振るうのに何秒掛かんねん、という事
です。例えばメザラクですと1振りに8.2秒掛かります。そして7回攻撃するのに
57.4秒、8回で65.6秒、9回で73.8秒掛かるわけです。
これもインペリアルネザが若干速く、ソード有にすることでスピードアップが見込め
るのが分かります。

次にそれぞれの振り回数によるTPの増加量を示したのが表2-1、2-2です。
c0021339_1902868.jpg

基本的にどの場合も8振りすることでTPが100%貯まるようです。がっ!
ソードストラップを使ったノーマルのインペリアルネザだけが9振りしないと100%
に届かないのです!!
これはつまり他の槍よりもTP100%貯まるのが約8秒近く遅いということに!
そして表には書いてませんが、仙道の外套などを使いストアTPをさらに+1させると、
ソードストラップを使わないメザラク&サラソクラットで7振りでTP100%に
することが可能なのです!!
この両者のTP100%までに掛かる時間は69.6秒と57.4秒となり、WSが撃て
るようになるまでの時間に12.2秒の差が出ることになります!

さて、通常攻撃の振り速度について秒数で書きましたが、単位が微妙すぎてイメージ
しづらいかもしれません。そこで別の書き方をしますと、
  「間隔492のメザラクと間隔478のインペリアルネザでは
   4分40秒経過した段階で振り回数に1回差が出る」
となります。
ノーマルメザラク(隔492)とソード有インペリアルネザ(隔464)では
2分15秒で1振りの差が出てきます。
計算式は省略しときますね。特に難しい事はしてませんがタダでさえ数字が多くて
ゴチャゴチャしてますからw

ここまで見るとインペリアルネザが優秀な気がしますねw
しかしお話はここでは終わらず、各槍の性能には付加ステータスが絡んできます。
メザラクにはSTRとVIT。サラソクラットにはDEX、VIT、HP、おまけに
謎のレジストウイルスwさらにこの2本共通である「追加効果:回避率ダウン」です。

対してインペリアルネザには「曜日:属性ウェポンスキルのダメージアップ」というの
があります。これは何やねんということですが、つまりはそのWS属性に対応した曜日
には威力が上がりますよという意味です。例えば収縮属性のペンタスラストは闇曜日に
威力がアップします。

これらの情報を総合してどれが一番強いの?と聞かれて即答できるほど大きな差は無い
ような気がします・・・。おのおのに得手不得手がありますから。
とりあえずまとめとして各槍の特徴を挙げておきましょう。

○メザラク
 ・今までLv75の竜騎士のほとんどが使用していたほどのバランスの良さ
 ・類似品のサラソクラットの登場で需要減少!?
 ・追加効果:回避率ダウンが発動頻度も高く高性能
 ・STR+2でほとんどのWSで威力アップが見込める
 ・VIT+2でジャンプのダメージもアップ
 ・朱槍で前田慶次ゴッコができる(お前だけd

○サラソクラット
 ・蒼い(しょっぱなでソレかy
 ・追加効果:回避率ダウンが発動頻度も高く高性能
 ・メザラクよりD値が1大きい
 ・HP+10でヒルブレ発動しやすくなる
 ・DEX+2で命中アップ&クリティカル率アップ
 ・VIT+2でジャンプのダメージもアップ
 ・合成品なのでメザラクより(多少)安価に入手できる

○インペリアルネザ
 ・地味(おぃ
 ・素の通常攻撃のD/隔が優秀
 ・ソードストラップを使うことでグングニルに迫る攻撃率になる
 ・アサルト戦績交換品なのでお金が掛からない
 ・特定の曜日でWSの威力が上がる

以前の記事にも書きましたが、これはあくまでも両手槍とグリップについてのみ
注目したお話です。他部位のヘイスト、ステータス装備やサポ戦によるDAや
サポ侍のストアTPや仲間のサポートなどは一切考慮に入れない状態です。
おまけにジャンプ、ハイジャンプについてもとりあえず見ない振りしてますw

また、計算に関しても他所とは微妙に数値の差があるかもしれません。
なので内容を頭から鵜呑みにせず、「だいたいこんな感じ」程度に捉えて頂ければ
十分ですw

全国の竜騎士のみなさんのお役に立てれば幸いです。
[PR]
by Tihaya_FFXI | 2008-04-22 19:29 | FFXI


<< 近況報告 検索ワードについて >>